toggle

茶道帛紗 TAKUSA

TAKUSA

オリジナル茶道帛紗ブランド「TAKUSA (タクサ)」

オリジナル茶道帛紗TAKUSA

TAKUSAは、タイ語で「熟練」や「匠の技」を意味します。
TAKUSAの帛紗は、タイやラオスの織物の村にある、厳選された工房で織られた手染め・手織りの絹絣(きぬがすり)「マット・ミー」から仕立てた、縁結び工房のオリジナル商品です。

タイ語で、「マット」は「しばる」、「ミー」は「細い線状のもの」。
糸の部分部分をヒモなどで括ってから染料で染めると、括られた部分は防染され、括られていない部分だけが染まります。色や柄の数に応じて、括りと染めの作業を繰り返していきます。
このように、織り上がりの模様を計画して、事前に染め分けられた糸から織られた布がマット・ミーです。
柄の種類や色数が多ければ多いほど、より多くの手間と時間がかかります。
TAKUSAの価格の幅は、品質の違いではなく、難易度の違いです。
素朴で温かみのあるものから、エレガントで精緻なものまで、幅広いラインナップが揃っています。

→ネットショップはこちらです!

 

ほどく作業

工房近くの景色

機械作業

ネットショップ以外でのお取扱いについて

カタログギフト「Global Sprout(グローバル・スプラウト)」

持続可能な社会のために、「買い物」を通して未来への一歩を踏み出す!
そんな素敵なカタログギフトに、縁結び工房の商品も掲載されています。
http://www.global-sprout.com/
【リーフコース 5,500円+税】